弁護士紹介 lawyer

弁護士紹介 lawyer

小寺 正史

小寺 正史

小寺 正史

こでら まさし/Masashi Kodera

■弁護士登録 1980年
■弁理士登録 1985年
■札幌弁護士会所属

私は1980年4月に弁護士になりました。29歳の時でした。まず私が弁護士になって一番驚いたことは、弁護士はいわば殿様商売で楽してお金になる事件をのみを扱う傾向にあったことです。
「これは何とかしなければならない。」と痛切に思いました。

1983年4月に独立。この時、私は、「企業であれ個人であれ、事件の大小を問わずどんな事件でも対応する」、「私を頼ってこられた方々のため、誠心誠意向き合い最善を尽くしたい。」と固く決意しスタートしました。この思いは30余年たったいまでも決して変わりません。

弁護士になってから、会社の再建など様々な企業の問題だけでなく、離婚・相続・医療過誤などの個人の問題にも積極的に取り組んできました。
1985年には弁理士登録をして、特許など知的財産の問題に取り組むようにしました。また、1993年には、北海道大学大学院に社会人入学をして中国法を勉強しました。当時中国は発展途上で法律も整備されていませんでした。この時に多くの中国関係者と知り合い、その縁で上海の法律事務所と業務提携できました。

様々な事件を取り組むには弁護士一人では無理であり、私の考えに賛同してくださる若手弁護士を徐々に増やし、現在では弁護士・職員をあわせて約30人の体制となっています。皆さんが有能だけではなく、人柄も魅力的で、私の独立開業の時の思いを理解、共有してくださる最強のスタッフと感謝しています。
現在も私は多くの事件に取り組んでいますが、複数の弁護士で対応しており、多角的な視点で、機動的な対応をしています。

弁護士になって30余年たったいま、強く願うのが、「私の原点を育んでくださった恩師への恩返しをしたい」そして「地域社会への恩返しに、これからを担う若手を育みたい」という思いです。北海道大学や小樽商科大学で講義を担当したり、高校生に講演するなど、依頼があれば喜んで協力させていただいています。

また新たに生まれる社会問題に対しても、向き合いたいと思います。少子高齢化社会に対し、「どうしたら快適に生きられるか」の知恵や知識を折に触れ情報発信。法の恩恵を身近に感じ、老いも若きも「快適に生きる力を育む」ための機会が得られるよう努めたいと思います。
私自身が高齢者となりましたが、ご本人の気持ちを大事にした遺言の作成のお手伝いをしたり、高齢者の財産管理や後見人など高齢者の支援を弁護士と職員がチームとして対応しています。

私が本来持っている「決してあきらめず、前向きな気持ちで活路を見いだす。」姿勢は、これからも変わらず私のメインエンジンになっていくことでしょう。弁護士として相談者のよき理解者となり、時としてはその背中を押して、一歩前に踏み出すお手伝いをしたり、辛い局面で耐えるのを支えるのも、大切な使命だと考え行動していきたいと思います。

経歴

1950年生まれ
1969年 北海道帯広三条高校卒業
1975年 北海道大学法学部卒業
1977年 司法試験合格
1978年 司法修習生となる(第32期)
1980年 弁護士登録,橋本昭夫法律事務所勤務
1983年 小寺正史法律事務所開設
1985年 弁理士登録
1997年 北海道大学大学院法学研究科 修士課程終了(中国法専攻)
2002年 弁護士法人小寺・松田法律事務所に改組

役職等

弁護士会

  • 札幌弁護士会副会長(1995年4月~1996年3月)
  • 札幌弁護士会会長(2005年4月~2006年3月)
  • 北海道弁護士会連合会理事長(2006年4月~2007年3月)
  • 日本弁護士連合会副会長(2008年4月~2009年3月)

大学

  • 北海道大学先端科学技術共同研究センター客員教授(1999年4月 ~2004年3月)
  • 北海道大学法科大学院講師(企業法務担当)(2004年4月~2010年9月)
  • 小樽商科大学ビジネス創造センター学外協力スタッフ(2001年4月~現在)
  • 公立大学法人 札幌市立大学監事(2006年4月~2008年6月)
  • 札幌学院大学客員教授(2007年4月~2008年3月)
  • 小樽商科大学大学院非常勤講師(知的財産担当)(2014年4月~)

その他の公職

  • 道央信用組合金融整理管財人(2000年12月~2001年7月)
  • (社)発明協会 特許流通アソシエイト(2003年3月~2008年3月)
  • 市立札幌病院倫理委員(1997年4月~2005年3月)
  • 札幌市出資団体評価委員会(2004年5月~同年12月)
  • 法務省人権擁護委員(1999年8月~2001年7月)
  • 北海道第三者検証委員会委員長(2011年10月25日~同年11月23日)
    (泊原発のプルサーマル計画に際し、北電に対する道側の発言に関する調査委員会)

著書・論文

  • 「ホームページにおける著作権問題」(共著) 毎日コミュニケーションズ
  • 「問答式 現代契約実務全書」(共著) 新日本法規出版
  • 「破産法実務Q&A150問」(共著)金融財政事情研究会
  • 「破産実務Q&A200問」(共著)金融財政事情研究会

小寺弁護士ブログ

小寺弁護士のブログを見る

pagetop