もっと小寺・松田法律事務所について知りたい方へ。

札幌地裁管内に4事務所を設置、ネットワークも充実しています。

当事務所は、誰もが気軽に、満足できる法的サービスが受けられる環境を願って、1983年に札幌市に開設されました。その後、弁護士の過疎地域の解消をはかる使命に駆られ、岩見沢市、滝川市、苫小牧市に事務所を設け、依頼者の皆様をはじめ多くの方々に支えられ今日に至っています。
一貫して「地域のために」をキーワードに、長期的視点に立って、真に依頼者の利益になる活動をめざしてきました。

守備範囲も広く、クライアントも多種多彩です。

当事務所の依頼者は、上場企業、中小企業及び個人など規模も様々です。また、業種も建設業、製造業、システム開発、不動産業、農林水産業、銀行、保険会社等の金融機関など多岐にわたっています。
取り扱い業務は、企業法務、知的財産権に関する業務、医療・交通事故などの損害賠償関係、消費者保護関係、家事関係など大変幅広いものとなっています。弁護士として、あらゆる領域の仕事が経験できる恵まれた環境を誇ります。

新たな分野への挑戦にも取り組んでいます。

当事務所は、北海道の法律事務所として地域貢献をめざし、知財などの案件も手掛けています。さらに最近中国との商取引が増加していることから、上海の法律事務所と提携、中国法務の取り扱いも始めました。また、高齢社会に関する問題点に取り組むなど、地域や社会の問題にも積極的に向き合っています。

所内研究会もタイムリーに開催。

判例研究や改正法の研究、新しい分野の国際法務など、常に前向きに取り組み、個々人のスキルアップの機会を設けています。弁護士の年齢や経験年数にとらわれることなく、弁護士であれ、事務職員であれ、事務所全体で依頼者の利益を実現できることを第一優先に考え、切磋琢磨を課しています。

お互いに助け合い協力する事務所風土です

事務所内では、先輩、後輩の垣根が無く、気軽に他の弁護士に相談することができ、互いに知識や経験を補い合いながら活動しています。経験豊かな事務職員とのコミュニケーションも密で、お互いにサポートする事務所風土がしっかりと根付いています。

理想の弁護士をめざし、一生の仕事として情熱を傾けてください。

弁護士は、高い志を持ち、真摯に研鑽し続けることにより真のプロフェッショナルとしての使命を果たすことができます。
そのためには事務所の理念や、方針、そして環境は大きな影響力を持ちます。今後どのように弁護士をめざすのか、どんな活動をめざすのか、そういった弁護士としての軸足を容易にイメージできるチャンスに満ちた当事務所で、先輩たちにもまれる日々が、あなたの人生の可能性を大きく育むことを確信しています。

pagetop